毎日の食事は、ダイエットに重要になります。いくら運動したとしても、消費するエネルギー以上に取るカロリーが上回ってしまうと意味がないからです。

ですので、摂取するカロリーより消費するカロリーが日々上回れば、体重が増えてしまうことは無いということです。また、燃焼力をあげるような食べ物を摂取し、運動することでさらに効率よく体重を減らすことができます。日々欠かさず行う食事を見直す事はダイエットを無理なくすることにおいて大切です。ダイエットをする時は、栄養バランスがよい食事をし、適切な運動を行うことが大切です。
体を動かさなくても食事を大きく制限するダイエットは一時的な効果は出ますが、リバウンドする可能性も高いです。甘い物や脂っ気の多いものは避け、低カロリーで高たんぱくなものや繊維を多く含むものを食べて習慣的に運動する生活をすることです。脂肪より筋肉の方が重たいため、運動を開始しても始めは体重変化が見えにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を消費しやすくなり、体がシュッと締まり、贅肉が付きにくい体が作られます。ダイエットといっても短期間で痩せることはできません。短期間の急激な体重変化は体に大きな負担をかけることになりその結果、リバウンドしやすく、太りやすい体になります。リバウンドしにくい体作りから始め、健康的に痩せていくためにはバランスに配慮した食事をとり、有酸素運動を続け、ストレッチ、筋トレ、お腹の調子を整えたり、睡眠改善などをして、時間をかけながら努力を続けていかねばならない。ダイエットで結果をだすには、自分ですらもダイエットしている期間であると思わなくて済むくらいの、易しいものにすること、しんどうないもの、持続できるものであることが大事だと思います。
私が実践しているのは、ゆるーいグルテンフリーです。

 

完璧なグルテンフリーはとても大変です。
私は、小麦粉の製品を主食とはしないだけなので、効果はちょっとだけですが、継続可能です。

さらに1つ実行しているのが、食事はまず野菜から摂取することです。

 

これは食べる順番を変更するだけで、それ以外は制限していないのでとてもシンプルで、継続することができます。ただ目標も無く痩せようと試みるのではなく痩せた結果どんな自分になっていたいか具体的なイメージを描くことがダイエットをちゃんと続けられるポイントだと思います。

ゴールが見えていない状態の努力は続けにくいので、どの時点で何キロ痩せたい、その後は何を着て誰と会うかなど、とことん細かく妄想を膨らましましょう。すると、甘いものを我慢することがそれほど苦にならなくなります。ダイエットをせねばと張り切るよりも、痩せる習慣を身につけることが大切だと思います。
太るのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回るからで、カロリーを消費しやすい体質になることが重要です。
そのために、タイムイズダイエットの概念を身につけましょう。つまり、時間を節約する意識がダイエットの成功に繋がるのです。

 

今できることを先延ばしにせず、すぐに実行するようにしましょう。
掃除、洗濯など、思いついた家事は何でもすぐさま動くことを意識していれば自然に無駄な肉は落ちていきます。夜8時を過ぎてからの飲み食いはやめるようにしています。それが難しいときでも、眠る二時間前には飲食しないようにしています。夕食は腹八分目に留めるようにしています。

嗜好品はできるだけ午前中に食べるようにしています。
そして買うものは少量で売られているものか、小さいパックに分けれて入っているものを買います。

 

3時のおやつは、一口サイズの物だけを食べるようにしています。

 

運動は得意でないので避けていますが、近い距離は歩くようにしています。ダイエットしたいと考えたのは、もっと流行りのファッションを着こなしたいと思ったからです。

毎日育児で忙殺されていると言い訳して、自分の身なりに気を配らず、若々しさやオシャレとはかけ離れ、外出するのも面倒になってしまいました。

 

カッコよくして外出を楽しみたい、オシャレな服を着たい、若々しいママでいたい、昔の知人に会って幻滅されたくない、ダイエットをしていきたい理由は数え切れません。

残るはダイエットをいかに持続していくかです。
ここ2週間ほど、お腹が空いた時などに濃縮タイプのブルーベリー黒酢と炭酸水を飲んでいます。

 

6月下旬くらいから体重がずっと増えていましたが、努力して食事量を制限したのではなく、自然と食欲もおさまり、体重はピークより2キロ減りました。夜寝る前に、足の上げ下げをどちらも10回程度やるだけで腰回りが引き締まったように思います。

ダイエットをしていて、水分補給に炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むように心掛けています。

 

できるだけ食事は野菜中心にして、たんぱく質の肉や魚も取りながら買い物に行き、料理を自分でする努力をしています。

ダイエットに効く乳酸菌ドリンクやヨーグルトを摂取し、便通をよくさせるように心掛けています。
自分の足を使い、ウォーキングをできるだけしながら歩くことで体重が減るように心掛けています。

 

毎日体重もはかり、体重をノートに記録することでさらなるダイエットのモチベーションもあげるようにしています。